關於我們

 

 

沁園の創立は1985年に..


沁園は1985年に創立して、台湾の経済をしばしば経験するのは繁栄して、その時台湾は3足どりの1家のお茶の行で、現在のお茶の行、 いくつかが大陸に家出することがいて、一部の痛ましくて静かな経営、多少てきぱきし全くお茶を飲んで、沁園は今なおそびえ立つことができて、良知、 に基づいてためです理念を堅持して、するべきな事をします。

沁園はずっと敬虔な心の....

沁園ずっとで敬虔な心で、茶を作る農家をお願いしてして古い発酵するお茶に従って、幸いなことに何人(か)が遠慮がありますかがあって、また良い技術の茶を作る農家は協力したくて、 しかし結局、お茶をうまく浸してとただ良い制のお茶の術決してだけではないことがあって、 時機、地の利もとても重要で、私は常に「神様が1口のご飯を与えます」を言って、まさに茶を作る農家の描写、お茶の友達を飲んで、 あなた達は飲みますのどんなお茶だに関わらず、心に感謝を貯蓄してもらって、 茶を作る農家の苦労にお天道様も味方して、感謝することに感謝します。


古制法に従うのも沁園の堅持です.....
 

お茶は沁園の堅持で、古制法に従うのも沁園の堅持で、有機的なお茶はみんなはすべて聞き慣れていて詳しく説明できて、古い制のお茶に従うのとなるとが何ですか?
発酵度(度合)が取って、炭火であぶって、目を向けて、このごろの市場の上のお茶、だと言わないでくださいか?ベトナムのお茶、インドネシアのお茶、台湾の茶を作る農家の行った各種のお茶、、ますます軽くなりあぶります火が足りないで、ほとんど原料茶のように、実は台湾のお茶の特色、 精製する半分お茶に発酵して名を世界にとどろかすのです!

 

惜しいです!!惜しいです!!

どうして台湾の茶を作る農家は祖先の残す貴重な技術を放棄しますか?

どうしてか?どうしてか?

すっぱ抜いて、発酵して何度も越えるので、茶を作る農家はもっと大変で、 苦しみに耐えることができないのは今の茶を作る農家の心に秘めた憂いで、台湾のお茶の大きい心配事です。